園芸療法見学

福岡県豊前市にある福祉総合施設「恵光園」を見学させていただきました。
そこは創設当初から農園芸が治療教育の一部として取りいれられていましたが、
利用者が重度化し、園芸活動の困難な利用者が増加した為、
園芸療法導入となったそうです。

今日は西南女学院短期大学の根ケ山教授のご好意により、
恵光園の尾家様とで園内を案内して頂ける事になりました。

まず施設入り口から緩やかな坂を少し上がった所に「丘の上の駅」がありました。
駅内はギャラリーの様で、みなさんの作品が並び、
側には列車が停まっていました。 (列車の中は図書室?)

そしてその横にはプレイガーデン「キッズガーデン」があり、
「水のある遊び場」を通って小道をくぐり抜けるとそこには
セラピューティックガーデン(ハッピーガーデン)がありました。
その先は、ウエルカムガーデン、キッチンガーデン、目で風を感じられる
パンパスグラスの叢、寝転ぶと良い香りのするタイムの絨毯、
レイズドベッドが設けられ、ここはまさしく癒しの庭です。

さらに丘を登っていくとそこは屋外乗馬施設と屋内乗馬施設が設けられ
馬に触れ合う事で生まれる乗馬療法を取り入れていました。
そして丘の頂上は、広い菜園と椎茸の栽培場がありました・・・。

とにかく広大な敷地に、この施設は建っていました。
どの庭も長い年月をかけて皆でコツコツと手作りしてきたそうで
とても暖かい空間でした。

素晴らしい園芸療法を行っている施設を実際に見学させていただいて
今から始めようとしている活動の有意義な経験になりました。
お忙しいところ御案内してくださいました西南女学院短期大学の根ケ山教授、
恵光園の尾家様、奥様、そしてNPOグリーンワークの方々、本当にありがとうございました。

恵光園の詳しい内容は、↓の「園芸リハビリテーション」にも
記載されています。
園芸リハビリテーション
園芸リハビリテーション

COMMENT0

LEAVE A COMMENT