京都散策 (南禅寺編)

今日も寒い!! {{{{(+_+)}}}}
昨日の予定が一つ狂ったので、朝一番に本能寺へ・・・。
途中、デパートの前にはもう福袋を目掛けてか、長蛇の列が出来始めていた。
錦市場を抜けると、寺町通りのショップの前にも、泊り込み?か、ダンボールを敷き長期戦の構えで開店を待つ若者の行列が。。。
朝早くからご苦労さんでっす。

少し雨がパラパラと降り出した所で本能寺へ着く。
お参りを済ませた後、三条京阪の駅横の和風モダンな庭を見に行ったが、まだ開店前でシャッターが閉まっていた。
そこから地下鉄で南禅寺方面、蹴上駅で降りる。
駅より右へ向かいレンガの入り口を抜ける。。。
KIF_1696_t.jpg


その先を左へ曲がると左手に金地院。
ここは鶴亀の庭園。 桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的な枯山水。
右手に亀島、左手に鶴島があるが、残念ながら今回は方丈の改修工事の枠組みが邪魔をして、庭園をゆっくりと眺めることが出来なかった。
説明によれば、亀島にある真柏の松は、樹齢1000年と言う。
金地院 亀島 樹齢1000年の松

この寺には重要文化財の東照宮がある。
家康公嫌いのダンナさんは早々と見学を終了し、この庭から退散していた。^^;

南禅寺 三門

南禅寺三門。
歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門伝説、「絶景かな」と大見得を切る舞台となった有名な三門の楼上に上がれば、市内を見渡すことが出来た。
絶景かな絶景かな

しかし、階段が急な下り坂の為、下へ降りてからが大変だった。
何故か急に足が引きつってしまい、それから段差を登るのが苦しくなってしまった~。(;´д`)とほほ

ここは京都を代表する風景で有名な琵琶湖疏水の「水路閣」
琵琶湖疏水のうち「水路閣」
レンガ造りのアーチの美しい事。
暫く眺めて居たい場所でした。

水路をくぐって石段を上がったら今度は南禅院がありました。
ここは池中に心字島を浮かべた池泉回遊式庭園です。
南禅院 池泉回遊式庭園
作庭は夢想国師といわれ、去年訪問した天竜寺庭園、苔寺庭園と共に三名勝史跡庭園の一つであるという。
小雨降る中でしたが、心静かに観賞できる素晴らしい庭園でした。

次は南禅寺。
小堀遠州作の方丈庭園は禅院式枯山水の「虎の子渡し」
南禅寺 方丈庭園

この他にも如心庭、六道庭、中庭などもありました。

ここまで回ったらもう1時過ぎ。
何を思ったのかダンナさんはやっぱり当初の予定の鞍馬寺へ行きたいと言い出し、急遽向かうことになった。。。

COMMENT0

LEAVE A COMMENT