スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマリリス‘Aphrodite’

DSC_0009_m.jpg
アマリリス (ヒガンバナ科 ヒッペアストラム属 )
原産地 :南アメリカ

今年はアマリリス‘Aphrodite’に花芽が二つ付きました。
まず1本目に2つ花が咲き、終わる頃になるとまた横から花芽がニョキニョキ。
なんとまぁ、ゴージャスでお得な球根なのかと、ビックリ。

昔からアマリリスはあの毒々しい大胆なオレンジ色が暑苦しいと思い、
キライなお花の一つでしたが、以前千葉の有名なアマリリス生産者の
圃場を見学させていただき、とてもスタイリッシュなお花だったのだと感激したのです。
その時更にビックリしたのは、鉢の代わりに園芸用の9センチポットが28個入るプラケースに
ビニールを敷き、アマリリスを並べただけ・・・。
http://bluebells.blog4.fc2.com/blog-entry-25.html
こんなにカンタンに育つのか?と、頼もしいお花だとも思いました。
では試にと、その年の秋に2つだけ球根を買ったものの一つが‘Aphrodite’です。

西日本では街路樹の根元に植え、放任してあるのを良く見かけます。
それはたぶん毎年増え続けている様で、季節になると豪快なお花がドバ~~っと開花しています。

アマリリスは園芸教室で子供達や高齢者に育てて頂きたい植物ですね。
つぼみの膨らむ様子やお花が咲く喜び、きっとたくさんの元気を分けていただける事と思います。

植えるときはみんなでこの歌を歌いましょう♪
小学校の時に歌ったフランス民謡
「アマリリス」の歌
http://www.ic-net.or.jp/home/ikeshu/camariri.mid

♪みんなで聞こう 楽しいオルゴールを
 ラ・リ・ラ・リ・ラ・リ・ラ~
 しらべは アマリリス

 フランスみやげ やさしいその音色よ
 ラ・リ・ラ・リ・ラ・リ・ラ~
 しらべは アマリリス♪  q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪

Tag:園芸療法

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。